konkon’s diary

こんにちは!こんこんです◎ 古着*裁縫*旅行

食事に誘われた時の印象の良い行動

異性をデートに誘うときは「今夜、ご飯でもどう?」というパターンがくどくない誘い方です。まして、大学生や社会人にもなると奢ることも多々あるかと思います。

 

雰囲気のいいお店、美味しく評判の高いお店、相手を喜ばせるために色々と準備を重ねたデートは是非とも成功させたいところです。

 

せっかく美味しい食事で楽しい時間を会計のぐだつきで台無しにするのはもったいないものです。

 

 

「奢るからご飯に行こう。」

 

この誘い方の場合はあなたに借りがあるか、シンプルに好意であることが多いです。

奢ってもらう前提だとしても会計の時は一歩後ろに下がって財布などを出して払おうとする意思を見せましょう。

会計の後はお礼を伝えることを忘れずに!

 

「ご飯に行こう。」

 

ただ単にご飯に誘われている場合、たいていは誘った側や目上の人が奢ることかと思います。

 

あなたが奢る場合は、相手が席を外している時などにさっと会計を済ませていれば退店が非常にスムーズでおすすめです。

もしそのタイミングがないときは仕方ありません。会計で一気に支払ってしまいましょう。

 

あなたが奢られる側の場合は、相手に感謝し相手をたてることがまた行きたいと思ってもらえるコツです。

まず、会計の時は、財布を持って一歩後ろにいましょう。また、会計を見られたくない人もいるので(領収書をもらうなど)先に出ていてど言われたらその通り軽くお礼を言って外で待っときましょう。会計が済んだら「いくらでしたか?半分払います。」といった払う意思を見せましょう。ここで、断られたら素直に甘えていいかと思います。

払ってもらったら額に関係なくきちんとお礼を伝えましょう。

 

奢ってもらうのが当たり前だなんて思ってはいけません。

あなたのために時間とお金を使ってくれている思いましょう。

マナーがきちんとしていると好印象を持ってもらえたり、また食事に誘ってもらえますよ。

 

今回はここまでです。最後までありがとうございました。

こんこんでした。ばいばーい!